国際警備保障(国際セーフティ)の月額料金やプランの詳細&評判や口コミ

国際警備保障は大阪に本社を置く全国展開の警備業務とセキュリティ機器販売など営む会社です。

従来の警備はマンパワーに頼ったものでしたが国際警備保障はセキュリティ機器をフルに活用した警備システムに定評があります。

 

国際警備保障(国際セーフティ)の月額料金やプラン・サービスの詳細

国際警備保障の個人向けサービスにはホームセキュリティ、AEDの販売・リース、緊急通報サービスがあります。

中でもホームセキュリティは安心ingの商品名で防犯、防火、緊急事態対処がトータルでパックになっていて分かりやすいと評判です。

 

防犯サービスは外出時の戸締まりや不審者の侵入に対する予防と警備に関するサービスを提供します。

火災感知やガス漏れを警告するのが防火サービスです。

 

また、子供・老人が一人の時の不測事態や急病などの不測事態へは緊急事態対処が用意されています。

 

これらの24時間いつも家族全員と自宅そのものの安全・安心を確保することを目的として提供されるサービスプランが安心ingです。

安心ingは自宅に設置するセキュリティ機器と監視センターによる24時間体制のシステムによってサービスを提供します。

 

セキュリティ機器が異常発生を感知したら異常信号を監視センターに送信します。

通報を受けた監視センターでは音声で状況を確認して、必要があれば警備員を急行させたり消防・警察や緊急連絡先に通報したりするのが対処段階です。

セキュリティ機器と人的対応をオンラインネットワークでつないだシステムになっています。

 

自宅に設置するセキュリティ機器は機器本体とマグネットセンサー、侵入センサー、ガスセンサー、火災センサーなどといったシステム構成です。

警備のセットと解除、監視センターへの異常通報が本体の機能です。

マグネットセンサーはピッキングやコジ開けによるドアや窓の開閉、ガラス破りを感知します。

 

外部からの侵入を感知通報するのが侵入センサーです。ガスセンサーはガス漏れを火災センサーは火災を感知します。

この自宅に設置したセキュリティシステムと監視センターを結ぶのがオンラインネットワークです。

 

火災センサーに加えて煙センサーも準備されています。

2階構成の戸建てではリビングに機器本体、各階の出入り口に侵入センサー、キッチンにガス・火災センサー、各階の窓と勝手口及び玄関にマグネットセンサーを設置するのが一般的です。

 

トータルの部屋構成が4LDKとした場合、本体は1基、マグネットセンサーを8コ、侵入センサーが5コ、火災・ガスセンサーが各1コの構成になります。

この場合、初期費用は機器設置工事代が31,500円、機器代が271,950円の計303,450円になります。

月額の警備料金は4,980円です。

 

マンション・アパートの3LDKではバルコニーと玄関に侵入センサー、玄関にマグネットセンサー、オール電化を想定してキッチンに火災センサーを設置した上でリビングに機器本体といった配置が考えられます。

そうすると本体は1基、マグネットセンサーを1コ、侵入センサーが2コ、火災センサーが1コの構成です。

 

この場合、初期費用は機器設置工事代が31,500円、機器代が123,900円の計155,400円になります。

月額の警備料金は2,980円です。以上は機器買い上げの場合ですが、機器をレンタルする方法も選択できます。

 

その場合は、機器保証金20,000円を加算した額が初期費用です。月額には警備料金に加えて機器のレンタル料が加算されます。

 

国際警備保障(国際セーフティ)の評判や口コミ

口コミ

埼玉県:H.Aさん(40代・男性)

私も妻も仕事をしているのですが、自宅が無人になる平日昼間の時間帯に窃盗の被害に遭ったため、国際警備保障(国際セーフティ)のホームセキュリティサービスを導入することにしました。

導入したのは「ホームセキュリティ安心ing」で、24時間対応で窃盗などの防犯はもちろんですが、さらに火災の感知など異常事態への備えができるところが気に入っています。導入の際にかかった費用は、監視に必要な各種機械の費用が約12万円程度、各種機械の設置工事費用が3万円程度で、合計15万円程度でした。また月々の利用料金は、3千円程度になります。

導入してからこれまでにトラブルが発生したことはないため、緊急時の対応についてはわかりませんが、外出時に必要な手続きを忘れるとすぐに電話連絡が来るので、自宅がしっかりと守られているという安心感があります。現在のサービス内容には満足しており、これからも契約を続けるつもりです。


茨城県:T.Y さん30代・男性)

行政管轄の防災情報で、不審者の案内が増えてきたことと、子どもが小学校に入学したのをきっかけに、国際警備保障のホームセキュリティを導入しました。特にセキュリティグッズが充実している点が頼もしく感じています。我が家は4LDKの戸建てですが、庭と玄関に監視カメラをつけてもらいました。共働きの関係で少しの時間、子どもが一人で留守番の時間帯があるので、電子ブザーや非常押しボタンもお願いしました。

国際警備保障のスタッフの話がとてもわかりやすく丁寧なので、導入に関して不安な点は一つもありませんでした。また機器を導入するだけではなく、普段どのような生活をしていけば安全にいられるかということも、レクチャーしてくれたのが良かったです。まだ緊急事態にはなっていないので、実際に駆けつけてもらったことはありません。あと機器の操作について、妻や子供でも説明なしですぐに使えるものばかりなので、操作に不安が無い点もいいと思っています。

 

国際警備保障(国際セーフティ)の特徴

国際警備保障の安心ingは初期費用を除けば月額2,980円の低額からセキュリティサービスを提供しているところに特徴があります。

 

また、このサービスは盗難保険付です。付帯する盗難保険で家財一式を200万円まで、現金貴金属は50万円まで補償されます。

 

手続はメールや電話による資料請求、無料の見積もり、申し込みと緊急連絡先や医療機関等の登録、設置工事を実施してサービス開始と簡単です。

 

なお、設置工事は1日で終わります。

さらに、基本のサービスに加えてガラスへの防犯フィルム貼り付け、防犯カメラ・センサーライトの設置、緊急通報システムの導入などのオプションによってセキュリティのグレードアップが可能です。

国際警備保障(国際セーフティ)の会社概要

国際警備保障は2019年に社名を国際セーフティー株式会社と変更した大阪に本拠を置く全国展開の警備会社です。

警備業に加えてセキュリティ機器販売、ビルメンテナンス業を営んでいます。

 

1967年の創業以来マンパワーによる警備のノウハウに定評のあった会社です。

電子機器の発達に伴い最新のテクノロジー導入にも力を注いできました。

 

大阪の本社とともに東京本社や関西各地と名古屋、中・四国各地及び福岡に支店・営業所を展開しています。

 

警備業ではホームセキュリティの他、機械警備、施設警備、輸送警備、パトロール警備、イベント警備、要人警備などを手がける会社です。

 

1990年には国際花と緑の博覧会、1998年には長野オリンピックの警備を担当した実績があります。

低額のセキュリティサービスを提供する国際警備保障(国際セーフティ)

国際警備保障はホームセキュリティ機器をオンラインネットワークで監視センターと結び、マンパワーを削減することで低額の総合セキュリティサービスを提供しています。

機器を買い取りではなくリースとすることで初期費用を大幅に削減することも可能です。

 

ただ国際警備保障(国際セーフティ)以外のホームセキュリティもあるので比較してみるといいでしょう。

関連記事

防犯対策をする上で毎月お金がかかるホームセキュリティは本当に必要なのか迷っていると思いますが、実はめちゃくちゃ重要です!! なぜ重要なのかというと防犯対策のベースとなるサービスだからです。   悲しいことにプロの[…]

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG