不法侵入で警察は動かない?通報の対応に不安を感じる場合の対処法も

  • 2023年3月6日
  • 防犯
  • 3349view

不法侵入に遭遇すると、警察に連絡することが最初の対処法ですが、時には警察が対応できず動かない場合もあります。この記事では、不法侵入に遭遇した場合の対処法や、警察に連絡しても対応が遅い場合の対処法について紹介します。また、不法侵入を防ぐための対策や、防犯意識の高め方についても解説します。

まず、警察には限られた人員と資源があります。したがって、緊急性の高い事件や危険な状況に優先的に対応する必要があります。不法侵入が人身や財産に直接的な危害を及ぼすものでない場合、警察は他の事件に優先的に対応する可能性があります。
次に警察が住居侵入や建造物侵入について動かない理由は、民事不介入の原則によるものがあります。この原則により、民事的な紛争に警察は介入せず、人々が自ら問題を解決することが求められます。また、不法侵入が発生した場所や状況によっては、警察が対応することができない場合があります。
例えば、私有地や建物の場合、所有者が訴える必要があるかもしれません。不法侵入者が脅威を与えず、ただ単に場所にいるだけである場合、警察は直ちに対応する必要がない場合があります。そのため、住居侵入や建造物侵入があっても、警察が直ちに介入することは少なく、被害者が通報するまで被害は放置されることがあります。もちろん、人命に危険が及んでいる場合や犯罪が発生している場合は、警察は速やかに介入することがあります。
しかし民事的な問題や軽微な事件については、警察は立ち入らず、被害者が民事的手段で解決するように促すことが多いです。 ただしこの原則にはいくつかの例外があります。たとえば、被害者が未成年者、高齢者、障害のある人である場合、警察が介入する可能性が高くなります。また、物的損害が著しい場合は、警察が対応する場合もあります。
ここまで不法侵入されてもなぜ警察は動かないのか説明してきましたが、緊急性が高い場合は、直ちに警察や救急隊に通報することが重要です。また、不法侵入を予防するために、ホームセキュリティシステムや監視カメラなどを使用することも検討してください。
ホームセキュリティの比較はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

不法侵入されてもなぜ警察は動かないのか

警察に通報しても動かない場合、不法侵入に遭遇した被害者がとるべき行動は次のとおりです。

再度警察に連絡する:警察に通報しても動かない場合、再度警察に連絡して状況を説明し、対応を求めることが必要です。場合によっては、異なる部署や上司に連絡することも考えましょう。

弁護士に相談する:警察に連絡しても解決しない場合、弁護士に相談することも検討してください。不法侵入に関する法律に詳しい弁護士が、適切なアドバイスや支援を提供してくれる可能性があります。

証拠を集める:不法侵入に遭遇した場合、できるだけ多くの証拠を集めるようにしましょう。例えば、被害者自身が取った写真や動画、目撃証言などが証拠になります。これらの証拠を整理して、警察や弁護士に提出することで、問題解決の手助けとなります。

被害届を出す:不法侵入に遭遇した場合、被害届を出すことができます。被害届を出すことで、警察が事件を調査し、解決に向けて動くことができます。

不法侵入に遭遇した場合、警察に連絡することが最も重要ですが、場合によっては警察の対応が遅れることがあります。その場合は、再度連絡するか、弁護士に相談することが必要です。また、不法侵入を未然に防ぐためには、防犯対策をしっかりと講じることが大切です。

不法侵入されていて警察に通報しても動かない場合の対処法

不法侵入に遭遇した場合は、以下のような対応をすることをお勧めします。

静かに身を隠す:不法侵入者に気づいた場合、まずは静かに身を隠すようにしましょう。適切な場所に隠れ、騒がずに警察に連絡します。

警察に連絡する:不法侵入に遭遇したら、すぐに警察に連絡しましょう。緊急通報番号である「110番」に電話し、詳細を伝えます。警察が到着するまで、静かに待ちましょう。

近所の人に助けを求める:不法侵入に遭遇した場合、近所の人に助けを求めることもできます。声を上げ、助けを求めることで、近隣住民が気づき、警察に通報してくれる可能性があります。

不法侵入者を直接攻撃しない:不法侵入者に直接攻撃することは、自分自身や他人を危険にさらすことになります。不法侵入者が武器を持っている場合には、自衛することも考えましょうが、それ以外の場合には、不法侵入者に攻撃することは避けましょう。

不法侵入に遭遇した場合には、冷静に対処し、警察に連絡することが最も重要です。また、不法侵入を未然に防ぐためには、防犯対策をしっかりと講じることが大切です。

不法侵入に遭遇したらどうすればいいか?

不法侵入とは、無断で私有地や建物に侵入する行為のことを指します。具体的には、ドアや窓をこじ開ける、鍵を壊す、壁や屋根を破るなど、不法侵入者が使用する手段は多岐にわたります。不法侵入は、家屋内の財産や人身安全に重大な被害をもたらすことがあるため、その防止が求められています。

また、不法侵入は刑事事件として取り扱われ、被害者は警察に被害届を出すことができます。

不法侵入とは何か?

不法侵入を防ぐためには、以下のような基本的な対策が有効です。

鍵の交換や修理:鍵が簡単に壊される可能性がある場合には、高セキュリティの鍵に交換するか、修理することで不法侵入を防止することができます。

セキュリティシステムの導入:防犯カメラやセンサーライト、セキュリティアラームなど、セキュリティシステムの導入によって、不法侵入者を妨害することができます。

窓やドアの修理:窓ガラスやドアに穴があいていたり、壊れている場合には、早急に修理することで、不法侵入の可能性を減らすことができます。

照明の設置:外部に明るい照明を設置することで、不法侵入者を妨害することができます。

鍵の管理:鍵を紛失したり、盗まれたりしないよう、鍵の管理に注意を払うことが大切です。

これらの対策を講じることで、不法侵入を未然に防ぐことができます。しかし、どのような対策を講じても、不法侵入を完全に防ぐことはできません。

不法侵入を防ぐための対策

不法侵入を未然に防ぐためには、以下のような防犯対策が効果的です。

鍵をかける:不法侵入を防ぐためには、家やオフィスのドアや窓をしっかりと施錠することが大切です。鍵はしっかりとしたものを使用し、外出時は必ず鍵をかけるようにしましょう。

防犯カメラを設置する:防犯カメラを設置することで、不法侵入の犯人を捕捉することができます。カメラの設置位置や取り付け方法を考慮し、適切な場所に設置しましょう。また、カメラ映像を保存するための録画機器を設置することも忘れずに行いましょう。

セキュリティシステムを導入する:防犯対策として、セキュリティシステムを導入することができます。セキュリティシステムには、センサーやアラームなどが含まれており、不法侵入があった場合にはすぐに警告を発することができます。

不審者には注意する:不審者に出くわした場合は、注意深く行動することが重要です。不審者がいる場合には、警察に通報することを忘れずに行いましょう。

周りの環境を整える:防犯対策には、周りの環境を整えることも必要です。例えば、明るい照明を設置することや、植木や木々を剪定して視界を確保することが大切です。

不法侵入は、予期せぬ被害をもたらすことがあります。しかし、適切な防犯対策を行うことで、不法侵入を未然に防ぐことができます。日常生活や仕事場で不法侵入を防ぐために、上記の防犯対策を講じることをおすすめします。

不法侵入を未然に防ぐためにはどのような防犯対策をすべきか?

不法侵入されても警察は動かない場合のQ&A

一般的に、勝手に家に入る行為は不法侵入として刑法によって罰せられます。刑法では、不法侵入は刑事罰の対象となります。不法侵入には、不動産、住居、建造物などに対する不法侵入罪が規定されています。

具体的には、不動産、住居、建造物に対して、無断で侵入し、占有したり、侵害したりする行為が不法侵入罪にあたります。また、これらの場所に勝手に侵入することで、他の人に危害を加える可能性がある場合には、器物損壊罪や傷害罪などの犯罪にも問われる可能性があります。

つまり、勝手に家に入る行為は違法であり、法律によって罰せられる行為であることがわかります。自分の家や建物のセキュリティをしっかりと確保し、不法侵入や侵害から身を守るための対策を講じることが大切です。

勝手に家に入ってくる法律は?

警察が動く基準は、一般的には「刑法違反があったと思われる場合」や「人命や財産に重大な危害が及ぶ可能性がある場合」などです。具体的には、以下のような状況が該当します。

現行犯の状況がある場合

犯罪被害の発生が明らかな場合

事件や事故に関する情報が寄せられた場合

人命や財産に重大な危害が及ぶ可能性がある場合

犯罪が発生した後、犯人の身元や行方が判明した場合

警察は、上記のような状況が発生した場合、適切な措置を講じるために動きます。一方で、犯罪被害が発生していない場合や、軽微な事件である場合には、警察が直ちに動くことはないことがあります。

ただし、市民の安全や治安を守ることが警察の役割であり、緊急を要する状況がある場合には、即座に対応することもあります。また、警察は一定の基準に沿って、適切な措置を講じることが求められています。

警察が動く基準は?

警察からの呼び出しに関して、特に定められた期間はありません。呼び出しは、事件や事情によって異なるため、具体的な期間は警察からの通知によって知ることができます。

例えば、犯罪事件に関する事情聴取や目撃者からの情報収集などの場合、可能な限り早く呼び出されることが多いです。一方、犯罪性の低い事案や違反行為に関する場合は、数日から数週間後に呼び出されることがあります。

また、警察からの呼び出しは、拒否できないものであるため、指定された日時に出席する必要があります。指定された日時に都合が悪い場合は、事前に連絡を入れて、再調整することができます。

緊急性の高い場合には、警察官が直接訪問して呼び出しを行うこともあります。警察からの呼び出しには、真摯に対応することが望ましいです。

警察から呼び出し 何日後?

不法侵入の罰金刑は、国や地域によって異なります。また、不法侵入が犯罪として取り扱われるか、違反行為として取り扱われるかによっても異なります。

一般的には、不法侵入が犯罪として取り扱われる場合、罰金刑だけでなく、懲役刑や刑務所刑などの刑罰が科せられることがあります。犯罪として取り扱われる場合の罰金刑の金額は、侵入した場所や侵入目的、侵入の手段、侵入によって発生した損害などによって変わります。一般的には、数万円から数十万円程度の罰金が科せられることが多いです。

違反行為として取り扱われる場合の罰金刑の金額も、侵入した場所や侵入目的、侵入の手段、侵入によって発生した損害などによって変わりますが、一般的には、数千円から数万円程度の罰金が科せられることが多いです。

ただし、法律や規則に違反したことが明らかである場合、裁判所は罰金刑の他に、実際に被害を受けた人に対して損害賠償を命じることができます。

不法侵入の罰金刑はいくらですか?

不法侵入とは、侵入に関する許可が与えられていない場所に無断で侵入することを指します。具体的には、住宅や店舗、工場、オフィス、学校、公共施設など、所有者や管理者の許可を得ずに立ち入ることが不法侵入に該当します。

一般的には、建物や施設に侵入することが不法侵入にあたりますが、敷地内に立ち入ることも不法侵入に該当する場合があります。例えば、門や塀を超えて敷地内に入る、敷地内の物品や植物を盗む、敷地内で野宿するなど、所有者や管理者の許可を得ずに敷地内に入る行為が不法侵入に該当することがあります。

ただし、あくまでも不法侵入となるのは、許可が与えられていない場所に侵入することであり、一般的に公共の場所や道路などに立ち入ることは不法侵入には該当しません。また、許可が与えられていなくても、緊急の場合や救助活動、防災活動など、法的に認められた行為であれば不法侵入には該当しません。

どこまでが不法侵入?

不法侵入が発生した場合、警察は迅速かつ適切な対応を行います。まずは、被害届の受理を行い、詳細な情報を収集します。その後、現場に警察官を派遣し、証拠の確認や被害者の話を聞き取ります。

警察は、証拠を収集し、犯罪者を特定するために捜査を行います。この際、不法侵入の被害者から提供された情報や証言、現場の状況や状況証拠などを基に、犯罪者の特定を目指します。

犯罪者が特定された場合、警察は適切な処罰を行います。不法侵入による刑事罰は、罰金刑や懲役刑があります。また、被害者に対する損害賠償請求が認められる場合もあります。

警察は、不法侵入に遭った人々の安全を確保し、被害者を守るために最善を尽くします。不法侵入に遭遇した場合は、警察に迅速に通報し、適切な対応を求めることが大切です。

不法侵入された時の警察の対応は?

不法侵入を訴えるには、まず被害届を提出する必要があります。被害届は、不法侵入が発生した警察署に提出することができます。被害届を提出する際には、被害の詳細な説明や、証拠となる資料や証言などを提出する必要があります。

警察が被害届を受理した後、被害者に対して調査が行われます。調査には、現場検証や証言の取りまとめ、犯罪者の特定などが含まれます。調査結果に基づいて、適切な処罰が行われることになります。

また、被害者は、弁護士や法律相談所などに相談することもできます。弁護士は、被害者の権利や法的手続きについてアドバイスを提供することができます。法律相談所は、被害者の相談に応じて無料で法律的なアドバイスを提供する場合があります。

不法侵入に遭った場合は、まずは警察に被害届を提出し、適切な手続きを進めることが重要です。被害者の権利を守り、犯罪者に適切な処罰が与えられるように、早急に行動することが大切です。
不法侵入されて証拠がない場合は?

不法侵入された場合に証拠がない場合、警察が被害届を受理してくれるかどうかは状況によりますが、被害届を受理しても犯人を特定することができない可能性が高いです。

しかし、不法侵入された場合には、次のような証拠が残っているかもしれません。

・被害者の証言
・目撃者の証言
・侵入された場所に残された物(例えば、窓ガラスの破片、足跡、指紋)
・監視カメラの映像

これらの証拠が残っている場合には、被害届を受理してもらえる可能性が高くなります。また、警察が犯人を特定できなかった場合には、弁護士に相談して、民事訴訟を起こすこともできます。

ただし、被害届を受理してもらえなかった場合や犯人が特定できなかった場合でも、自己防衛のための対策は必要です。例えば、セキュリティーシステムの導入や防犯カメラの設置、ドアや窓の補修などを行うことで、再発防止につなげることができます。また、不審な人物や行動には注意し、周囲の人にも注意を呼びかけることも重要です。

不法侵入を訴えるには?

不法侵入は、侵入された側にとっては精神的なショックや物的被害をもたらす場合があり、被害者としては不安や恐怖心が残ることがあります。しかし、中には、不法侵入が悪意なしに起こった場合もあります。

例えば、間違えて隣家に入ってしまった場合や、ホテルやアパートの部屋を間違えて入ってしまった場合、医療現場や公共施設に迷い込んでしまった場合などが挙げられます。

このような場合、被害者としては怒りや不安を感じるかもしれませんが、不法侵入を行った人に悪意がなかった場合、その場で謝罪を受け入れることが一番です。もしも物的被害があった場合は、相手方に損害賠償の請求を行うことができます。

一方、不法侵入を行った人は、自分が間違って侵入したことを認め、謝罪をすることが大切です。また、再発防止策を考え、同じようなことが起こらないようにすることも重要です。このように、不法侵入が悪意なしに起こった場合は、相手方と話し合いを行い、納得のいく解決策を見つけることが大切です。

不法侵入があったが、悪意なしの場合どうすればいい?

不法侵入は身近な事件であり、被害に遭う可能性がある人も少なくありません。証拠を集めることは、不法侵入事件を解決するために非常に重要です。今回は、不法侵入事件に遭遇した場合に証拠を集める方法について説明します。

現場の写真を撮る
不法侵入が行われた現場の写真を撮ることは非常に重要です。不法侵入があった場所や被害の状況を証明することができます。写真には、できるだけ多くの情報を写し込むようにしましょう。

目撃者からの証言を得る
もし目撃者がいた場合は、証言を得ることができます。目撃者の証言は、不法侵入事件の真相を明らかにするために非常に役立ちます。目撃者の名前や連絡先をメモしておくことを忘れないでください。

被害品の写真を撮る
被害に遭ったものがある場合は、その被害品の写真を撮ることが大切です。被害品の写真は、事件の被害状況を示すことができます。また、被害品についての詳細な説明も記録しておくことをお勧めします。

記録をつける
被害に遭った日時や場所、被害状況などを詳細に記録しておくことが重要です。不法侵入事件が発生してから時間がたってから記憶が薄れることがあるため、できるだけ早めに記録をつけるようにしましょう。

不法侵入は、悪意のある人物によって行われることが多いですが、誤って入った場合もあります。不法侵入があった場合には、冷静に対処し、できるだけ多くの証拠を集めるようにしましょう。

不法侵入にあった時の証拠集めのポイントは?

不法侵入は、予期せぬ被害をもたらすことがあります。万が一、不法侵入に遭遇した場合は、すぐに警察に通報し、安全な場所に避難するようにしましょう。また、警察に連絡しても動かない場合は、セキュリティ会社や弁護士に相談することが必要です。

さらに、不法侵入を未然に防ぐためには、鍵をかける、防犯カメラを設置する、ホームセキュリティを導入する、不審者には注意する、周りの環境を整えるなどの防犯対策を講じることが大切です。日常生活や仕事場で、上記の防犯対策を実施することで、不法侵入から身を守ることができます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!