窃盗で警察が動かない理由は?対処方法や手続きの方法も

  • 2023年5月7日
  • 防犯
  • 1082view

窃盗事件など事件が発生すると誰もが警察に連絡することが当たり前ですが、時には警察が動かないことがあります。そんなとき、どのように対処すればいいのでしょうか?この記事では窃盗事件に遭遇した際に警察が動かない場合の対処法についてご紹介します。

窃盗で警察が動かない理由は?

窃盗で被害を受けた人が警察に届け出をしても、警察が動かないことがあります。その理由は、被害額が少額であることや被害者の証言や証拠が不十分な場合が多いためです。刑事訴訟法によれば、警察には捜査義務がありますが、被害届けを受けたからといって必ずしも捜査をする義務はありません。そのため、被害者自身が証拠を集めることや、民事訴訟で解決を図ることも必要です。また、警察は犯罪の重大度や種類に応じて、優先順位を決定し、捜査を行っています。被害額が少額でも、繰り返し犯行が行われている場合や、犯人が危険人物である場合は捜査が行われることがあります。被害を受けた場合は、警察だけに頼らず自らも行動することが重要です。

被害届を出しても警察が動かない理由は?

被害届を出しても警察が動かない理由には、いくつかの可能性があります。たとえば、犯罪発生場所付近や近隣住民からの情報が少ない場合、警察が行動するまで時間がかかる可能性があります。また、窃盗や空き巣などの軽微な犯罪の場合、警察による捜査が必ずしも優先されるわけではないため、対応が遅れる場合があります。そのため、被害届を出した後も警察へ問い合わせたり、状況を報告したりすることが重要です。それでも警察が動かない場合には、犯罪被害者支援団体や弁護士に相談することができます。彼らは、被害者の権利を保護し、警察に対する圧力をかけることができます。被害届を出しても警察が動かない場合は、焦らずに相談することが大切です。

被害届と告訴の違い

警察に被害を訴える際、被害届と告訴には違いがあります。被害届は、警察に事件の存在を知らせるための書面です。ただし、捜査を開始するかどうかは警察の判断によるため、必ずしも捜査が進められるわけではありません。一方、告訴には罰してほしいという意思表示が含まれており、受理されると速やかに捜査が行われます。そのため、被害届よりも受理されるハードルが高いです。犯罪被害に遭った場合、被害届だけでは解決できない場合もあり、弁護士や犯罪被害者支援団体へ相談することも大切です。また、被害届を出しても警察が動かない理由には、事件の重要度によって優先度が変わることや、人員不足などが挙げられます。被害者は情報共有を行い、再発防止策を考えることも重要です。

警察に捜査義務はない?

窃盗事件で被害届を出しても、警察には捜査義務があるのでしょうか?実は、捜査義務はありません。被害届が出されたからと言って、必ずしも捜査を開始するとは限らないのです。捜査の判断は、警察側の裁量に委ねられています。このため、捜査が進まないと感じた場合は、相談することが大切です。弁護士や犯罪被害者支援団体に相談することで、捜査の後押しをしてもらうことができます。また、窃盗罪は、被害額が極めて小さく、被害者側が摘発を求めなかったり、訴えなかったりすることがあります。このような場合は、捜査が進まずに終わることもあります。しかし、被害届を出しておくことで、犯罪の証拠が残されるため、再発防止のためにも、被害届を出すことが重要です。

小額の窃盗でも捜査するか?

小額の窃盗でも、警察は原則捜査することがあります。しかし、適切な人員の配置や、捜査の優先順位によって、調査が難しいと判断された場合、調査を断念することがあります。 また、被害額が低く、被害者が訴えない場合は、積極的な捜査はされない場合があります。そのため、小額でも被害届を提出することが重要です。なぜなら、被害届が提出されることで、犯罪捜査をするかどうかの判断材料になるからです。いかに小額でも、犯罪には変わりありません。そのため、犯罪者を逃がすことは許されません。小さな被害でも、真摯に捜査することで、一人ひとりの人権を守り、社会を守っていきましょう。

防犯カメラの映像がある場合、進めるか?

防犯カメラの映像がある場合、警察は進めることがあります。しかし、映像だけで犯人を特定できない場合もあるため、捜査につながる情報がなければ進展が期待できません。また、防犯カメラに映っている内容を見るためには、許可が必要になることもあります。映像の提供元や所有者から許可を得るか、警察が捜査のための令状を取得する必要があります。また、防犯カメラの映像の状況によっては、事件の性質や状況によって進むかどうか決定されることがあります。実際に犯人を特定し、逮捕するには、防犯カメラで得られた映像だけでなく、様々な情報を収集する必要があります。捜査には時間がかかる場合があり、犯人逮捕までの期間は事件の性質や証拠の有無によって異なります。防犯カメラの映像がある場合、警察に連絡し、適切に提供することが重要です。

犯人逮捕までの時間はどれくらいか?

窃盗犯が逮捕されるまでにかかる時間は、状況によって異なります。一般的には、現行犯逮捕であれば早期に逮捕されることが多く、逮捕後数日以内に裁判にかけられることがあります。一方、後日逮捕の場合は、警察が証拠を集めるために時間がかかることがあります。特に窃盗罪は、被害者がなかなか気付かないことが多いため、犯人を特定するのに時間がかかることがあります。そのため、逮捕までに数週間程度から、数か月以上かかることもあります。ただし、警察が犯人を特定するために必要な情報や証拠を提供することで、逮捕までの時間を短縮することができます。このような場合は、情報共有が重要になります。被害者や関係者は、警察や犯罪被害者支援団体などに相談することで、効果的な情報提供ができます。

再び捜査する場合がある?

再び捜査する場合があるかどうかは、犯罪の性質や具体的な状況によって異なります。警察は、証拠が不十分だったり、犯人の身元が特定できていなかった場合に、諦めてしまうことがあります。しかし、時期や情報の変化によって再度捜査が進められることもあります。たとえば、新たな証言や証拠が見つかった場合や、犯人が別の事件で逮捕されたり、自供した場合も再度捜査が進められます。このような状況においては、被害者や関係者からの情報提供が重要です。再捜査は、犯罪を未然に防ぐためにも必要です。しかし、被害届が提出された段階で,必ずしも再捜査が行われるわけではないため、被害者や関係者は、相談や支援団体を利用することが必要です。また、再発防止策を考えることも大切です。

情報共有の重要性

窃盗事件で警察が動かないことがある理由について、情報共有が重要であることが分かっています。地域の住民や近隣の商店などは、犯罪者の行動や不審な人物に関する情報を持っていることが多く、これらの情報を警察と共有することが犯罪の予防や犯人逮捕につながります。また、警察側も地域の情報を収集するため、警察と市民が協力して情報を共有することが求められています。ただし、情報の取り扱いには注意が必要であり、虚偽の情報を流すことや、特定の人物を誤解した情報を流すことは避ける必要があります。情報の正確性を確認し、適切に共有することが再発防止を図るためにも大切です。

再発防止策を講じる

再発防止策は、窃盗や空き巣被害の被害者にとって非常に重要なことです。警察や犯罪被害者支援団体などに相談することも大切ですが、再発防止策も必要不可欠です。窃盗被害を経験した企業や個人は、まずはセキュリティ対策を見直すことが必要です。安全な場所に貴重品を保管することやセキュリティカメラの設置などが有効です。また、従業員や家族など周囲の人々にも再発防止策を伝えることが大切です。被害者の経験を共有することで、被害を防ぐことができるかもしれません。最後に、被害届の提出や犯罪被害者支援団体への相談は非常に重要ですが、再発防止策も併せて講じることが大切です。窃盗被害を経験した人々が安心して生活できるよう、再発防止策の見直しを心がけていきましょう。

弁護士や犯罪被害者支援団体へ相談する方法

窃盗や空き巣の被害に遭った場合、警察に被害届を出しても捜査が進まないことがあります。このときは、弁護士や犯罪被害者支援団体に相談する方法があります。まずは、被害届を出した後に、警察が被害届の預かりを行う際に、預かり票をもらっておくことが大切です。そして、被害にあった状況や警察とのやりとりなどを詳しくメモにしておきます。相談先の弁護士や犯罪被害者支援団体には、このメモを持参して相談することが必要です。相談することで、弁護士や犯罪被害者支援団体が被害者の代わりに警察や裁判所と交渉を行ってくれることもあります。また、相談先からは、裁判での弁護士の選び方や、被害者が受けられる支援制度についての情報も提供されることがあります。被害に遭った方は、相談することで、落ち着いた対応ができるようになります。

まとめ

この記事では、窃盗や空き巣の被害に遭った際、警察がなぜ動かないのかについて説明しています。警察は被害届を受けると必ずしも捜査を行うわけではなく、告訴や告発を受けた時にのみ捜査義務が課せられています。また、警察が動くかどうかは被害の額や状況によって異なります。防犯カメラの映像などがある場合は捜査が進む可能性がありますが、2000円から3000円の被害であっても必ずしも捜査されるわけではありません。被害届を出した後、犯人逮捕までに何ヶ月もかかる場合もありますし、年末などに再び取り上げられることもあります。しかし、地域や近隣住民との情報共有や再発防止策の講じ方など、被害を減らすためには警察と協力することが大切です。犯罪被害者支援団体や弁護士に相談することも一つの選択肢として考えられます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!