セコムのICカードの施錠方法は?仕組みや手順を丁寧に解説!

  • 2023年5月14日
  • 2023年8月17日
  • セコム
  • 18615view

こんにちは、今回はセコムのICカード施錠方法についてお話ししたいと思います。 セキュリティ上の理由から、近年では物件の施錠にicカードが使用されることが一般的になっています。 その中でもセコムのICカードは使いやすさや安全性に優れており、多くの方に愛用されています。 今回はその施錠方法について詳しく解説していきたいと思います。ご興味ある方はぜひお読みください。

セコムのICカードキーシステムの仕組み

ICカード式電気錠は、近年、住宅やオフィスでのセキュリティ対策に欠かせない存在となっています。その仕組みは、ICカードを使用してドアを開け閉めするものであり、複製や偽造が困難なICカードを使用することで、不正な侵入を防ぐことができます。また、施解錠も電動で行うため、手動での操作よりもスムーズに行うことができます。セコムでは、既設の扉をカード式の電動タイプ錠に簡単に取り付けることができる「セサモ-AT」を開発しており、施錠にも特に工夫が施されています。確認ボタンを押すことで各部のセンサーが自動的に確認を行い、問題がなければカードキーを差し込んで抜くだけで施錠ができます。このように、ICカード式電気錠は、効率的かつ確実なセキュリティ対策として注目されています。

定時にセコムのICカードで施錠できたか不安な場合の対処法

定時に施錠できたか不安な場合の対処法についてご紹介します。まず、施錠が正しく行われたかを確認するために、ドアや窓をしっかり閉めてから内部から施錠を確認することが大切です。もし施錠が正しく行われていなかった場合は、すぐにセキュリティーファームに連絡して、緊急対応を依頼することが必要です。また、施錠に関するトラブルを予防するためには、日々の施錠作業において慎重に行うことが大切です。例えば、施錠作業前には必ず周囲を確認し、施錠後には鍵穴をしっかり確認してから、ドアを閉めるようにしましょう。さらに、場合によっては防犯カメラの設置やセキュリティーファームとの契約など、施錠以外の対策も検討することが大切です。これらの対策を行うことで、定時に施錠ができる安心感を得ることができます。

セコムの種類により異なる施錠方法

セコムには、様々な種類の施錠方法があります。例えば、ICカードタイプやキータイプなどがあります。施錠方法もタイプによって異なります。ICカードタイプの場合、カードをタッチしてロックを解除し、再度カードをタッチしてロックをかけます。キータイプの場合、キーを差し込んでSECOM表示のボタンを押してロックを解除し、同じ手順でロックをかけます。機械警備では、カードキータイプを差し込んでSECOM表示の釦を押し、警戒開始/解除のための音声メッセージが流れます。実際の施錠方法については、セコムに問い合わせすることが可能です。初期費用にはセキュリティ機器一式や異常の感知、万が一の駆けつけに加え、契約後の補償・サポートが含まれています。料金は種類の違い、設置する防犯センサーや機器の数、建物構造などによって異なります。セコムの契約件数は、業界トップであり約249万件あります。

セコムのICカードキーを使用する際の手順

セコムでは、入退室管理システムの中でも、ICカードタイプが多く利用されています。カードキーを使用する際の手順は下記の通りです。

まずは、室内及び警備のかかる場所の戸締まりを確認し、鍵がかかっているかを確認します。その後、警備受信機の中央のSECOMのロゴマークボタンを押します。注意点としては、扉の隙間が空いている場合はセットされませんので、確認してください。

次に、ICカードを警備受信機のカードマークにかざします。カードをかざすと直ぐにセット開始されますので、40秒以内に室内から出て施錠します。警備受信機のランプの色が緑色から青色に変わります。

ICカードを使用する場合の注意点としては、施錠を行う際は必ず40秒以内に室内から出てください。また、カードを無くさないように管理し、万が一に備えて予備のカードを用意することを推奨しています。

以上が、セコムのICカードタイプを使用する際の手順です。入退室管理において、手順を正しく守ることにより、より安全で効率的な管理が実現できます。

SECOMボタンの位置と役割

SECOMボタンは、セコムのホームセキュリティシステムに搭載されているボタンです。このボタンの位置は、一般的にセキュリティパネルの上部にあります。ボタンを押すことで、簡単にセコムの警戒モードをオン・オフすることができます。

SECOMボタンの役割は、セコムの警備員に緊急事態や緊急出動の要請をすることです。例えば、住宅内で突然異常音がしたり、不審者が侵入した場合、SECOMボタンを押すと、専門のセキュリティスタッフが駆けつけ、適切な対応を行ってくれます。

また、SECOMボタンは、小型機器となっており、移動が可能です。そして、子供や高齢者など、音声やボタンの操作が難しい人々でも、簡単に使用できるようになっています。

簡単に使えることから、家庭だけでなく、オフィスや商業施設でも使用されています。SECOMボタンは、セコムのシステムと共に最高のセキュリティを提供してくれる必須アイテムです。

液晶表示での施錠方法

液晶表示での施錠方法について、セコムによると、通常はICカードタイプの施錠システムを導入しているとのことです。まず、ICカードを差し込み、液晶画面に施錠ボタンを選択します。その後、ドアを閉めて、施錠完了まで待ちます。液晶画面には、施錠完了の表示が出ますので、その確認が必要です。施錠解除については、ICカードを差し込んだ際に、画面に解錠ボタンが表示されますので、そちらを選択することで解除が可能です。この操作により、ICカードを挿入することで自動的に施錠解除ができないので、セキュリティの強化が図られています。また、液晶画面には状態表示が表示されますので、状況を把握することができます。セコムの施錠システムは、ICカードを使用することで高いセキュリティを実現しているため、多くの企業・個人から支持を受けています。

ピーピー音の意味と役割

ピーピー音は、セコムのセキュリティシステムでよく聞かれる音です。この音がなると、何か異常が発生したことを示しています。一般的に、ピーピー音は、施錠し忘れた場合やドアや窓が開いたままになっている場合、センサーが感知して異常を検知した場合に鳴ります。このような緊急事態が起きた場合、セコムの警備員がすばやく駆けつけ、不審者の侵入の防止や被害の最小限化を行います。ピーピー音の役割は、異常が発生したことを知らせることで、セキュリティを強化し、不審者を撃退することです。この音が鳴った場合は、すぐに確認し、セコムに連絡することが重要です。セコムのセキュリティシステムは、皆様の安心・安全を守るために確かな技術力や信頼性があり、多くのお客様に支持されています。

施錠ボタンの位置と使用方法

セコムのICカードを使用した施錠方法は、施錠ボタンの位置と使用方法を理解することが重要です。施錠ボタンは、警備受信機の中央にあるセコムのロゴマークボタンです。まず、室内及び警備のかかる場所の戸締まりを確認し、ロゴマークボタンを押します。カードキーを警備受信機のカードマークにかざすことで、40秒以内に施錠が開始されます。この時、警備受信機のランプの色が青色に変わります。解除時には、鍵で扉を開け、カードキーを警備受信機端末のカードマークにかざすと、警備解除されます。ランプの色は、緑色に変わります。警報音が鳴ってからは、40秒以内に解除しなければ異常と判断されるので、注意が必要です。注意を払い、正しく施錠することで、安心した生活が送れるでしょう。

間違えた場合のセコムへの連絡方法

セコムの施錠方法は簡単であるが、万が一施錠を誤ってしまった場合、迅速な対応が必要である。まずは、セコムへの連絡が必要である。連絡するためには、セコムのお問い合わせセンターに電話をかけることができる。電話での連絡が困難な場合は、セコムのホームページから連絡することも可能である。連絡先には、施錠ミスをした場所や時間、連絡先電話番号等の情報を伝える必要がある。その後、セコムの専門スタッフが現場に急行し、施錠を正常に行うまでサポートしてくれる。また、施錠ミスによって出入り口が開いてしまった場合、セコムの警備員が現場に急行し、緊急に対応する。上記の手続きによって、セコムは常にお客様の安全を確保するための最善策を講じている。

セコムのICカードの施錠方法によるロック解錠のタイミング

施錠方法によるロック解錠のタイミングには、特定の方法が必要です。例えば、セコムの場合、カードキータイプによる施錠方法があります。施錠する前に、内外の戸締まりを確認し、警備受信機のロゴマークボタンを押します。カードを警備受信機のカードマークにかざした後、40秒以内に施錠します。施錠が成功すると、警備受信機のランプの色が青色に変わります。解錠する際には、鍵でドアを開け、カードを警備受信機のカードマークにかざすことで解除されます。警報音が鳴った場合は、40秒以内に解除しないと、異常と判断されます。また、セキュリロック・スマートでは、スマホアプリでドアの鍵を開閉することができます。アプリ操作者のスマートフォンを通じ、誰がいつドアを開閉したかの履歴を管理できます。取り付け工事が不要で、単三乾電池で動作するため、省エネかつメンテナンスが楽です。オプションのオートロック機能を追加する場合は、専門業者による取り付けが必要です。以上施錠方法によるロック解錠のタイミングについて説明しました。

セコムの警報の止め方は?

セコムの警報の止め方は、室内に入ってから鍵で扉を解錠し、すぐにセコムのスティックを警備受信機に挿します。すると、「解除しました」という音声が流れ、警備が解除されます。ただし、警報音が鳴ってから30秒〜40秒以内に解除しないと、異常と判断されますので注意が必要です。子供や老人でも簡単に使えるスティックキーを持っている場合、更に簡単にセキュリティ解除ができますが、余計にもらうことは避けるべきです。セコムのGカスタムというシステムでは、どの機器でも使い方は同じです。ただし、うっかり操作ミスがあった場合は、警報鳴ってパトカーが大挙して押し寄せることもあるため、正しい操作を心掛けましょう。

まとめ

まとめ:セコムのICカード施錠方法について

近年、防犯のために多くの家庭やオフィスがセキュリティ対策を強化しています。その中でも、利便性と安全性に優れたICカード式電気錠「セサモ-AT」が人気を集めています。

「セサモ-AT」は、既設の錠前を利用するので、簡単に設置が可能です。ICカードをアプローチするだけで、便利に施解錠ができます。また、複製や偽造が困難な安全性も備えています。さらに、施錠時にカードをかざすだけで、快適にドアを開け閉めできるので、高齢者や小さなお子様にも安心して利用できます。

ICカード式電気錠「セサモ-AT」は、セコムが開発した最新の防犯システムです。これまでのサムターン錠と違い、施解錠が簡単に行えるため、快適な生活環境を実現できます。数多くの防犯商品を手がけるセコムの技術力によって、常に最新のセキュリティを提供しています。

ICカード式電気錠「セサモ-AT」を利用することで、泥棒や不審者を玄関払いする安心感が得られます。セコムによる施工で、快適で安心な生活を実現しましょう。

最新情報をチェックしよう!