防犯ガラスセキュオ
防犯について
防犯対策
防犯環境設計
開口部対策 1
開口部対策 2
窓の防犯設計
防犯ガラス 商品紹介
防犯ガラス 「セキュオ」
防犯複層ガラス
「セキュオ・ペア」
ガラスの防犯性能に
関する板硝子協会
基準(抜粋)
防犯ガラスのマークを
決定 (板硝子協会)
商品カタログ(PDF)
セキュオ取扱店一覧
   
お問い合わせ
資料請求
住まいの窓ガラス情報
サイト
ガラスワンダーランド
ガラス建築設計家への情報
サイト
アーキテクチュラルグラス
 
防犯ガラス セキュオ HOME
   
防犯ガラス「セキュオ」の公式サイト
  防犯対策に防犯ガラスセキュオ
 

防犯対策

安心・安全に暮らすための防犯対策には、 総合的な配慮が不可欠です。

   
  防犯対策総合的な対策が必要侵入犯罪の増加とともに、手口の凶悪化が進みつつあります。暮らす人、働く人の安心・安全のための配慮が欠かせなくなってきており、住宅やビルの設計において、防犯対策の強化が求められています。防犯対策は鍵の強化が一般的に行われていますが、ピッキング対策や補助錠だけでは十分な防犯対策とはいえません。ガラス、サッシ、雨戸、シャッター、錠前、照明、セキュリティシステム等に至る総合的な防犯対策が求められています。
 

国も防犯の基準作りに乗り出しています。

   
  国土交通省と警察庁はピッキングによる侵入犯罪の急増や、共同住宅における犯罪増加を受けて「共同住宅に係る防犯上の留意事項」を定めました(平成13年3月23日付)。防犯対策を「基本事項」と「推奨事項」という二段階で位置付けているのがポイントです。また、国土交通省はこの留意事項の円滑な運用を図るために「防犯に配慮した共同住宅に係る設計指針」を策定しました(平成13年3月23日付)。窓ガラスについては、「破壊が困難なもの」として合わせガラス等を推奨しています。この指針は共同住宅の新築住宅・既存住宅別に設計・改修を行う際の具体的な手法を示しており、防犯対策のガイドラインとして参考になります。  
住宅の窓
共用廊下に面する窓等 共用玄関に面する住戸の窓(侵入のおそれのない小窓を除く。以下同じ。)及び接地階に存する住戸の窓のうちバルコニー等に面するもの以外のものは、面格子の設置等侵入防止に有効な措置が講じられたものとする。
バルコニーに面する窓等 バルコニーに面する住戸の窓のうち侵入が想定される階に存するものは、錠付きクレセント、補助錠の設置等侵入防止に有効な措置を講じたものとし、避難計画面等に支障のない範囲において窓ガラスの材質は、破壊が困難なものとすることが望ましい。
(出典)「防犯に配慮した共同住宅に係る設計指針」(国土交通省)
   
サイトマップこのサイトについて個人情報保護方針|©日本板硝子株式会社