防犯ガラスセキュオ
防犯について
防犯対策
防犯環境設計
開口部対策 1
開口部対策 2
窓の防犯設計
防犯ガラス 商品紹介
防犯ガラス 「セキュオ」
防犯複層ガラス
「セキュオ・ペア」
ガラスの防犯性能に
関する板硝子協会
基準(抜粋)
防犯ガラスのマークを
決定 (板硝子協会)
商品カタログ(PDF)
セキュオ取扱店一覧
   
お問い合わせ
資料請求
住まいの窓ガラス情報
サイト
ガラスワンダーランド
ガラス建築設計家への情報
サイト
アーキテクチュラルグラス
 
防犯ガラス セキュオ HOME
   
防犯ガラス「セキュオ」の公式サイト
  防犯対策に防犯ガラスセキュオ
 

防犯ガラス「セキュオ®」 設計・施工上のご注意/標準施工法

   
  ● ご注意
  1. セキュオは受注生産品です。切断は困難ですので、寸法・形状は正確にご注文ください。
  2. セキュオSPは、ポリカーボネート板と中間膜を挟み込んでいるためガラス面が多少白く見えることがあります。性能・強度への影響はありません。
  3. セキュオより薄い一枚ガラスからセキュオに交換された場合には、ガラスの厚さが増加した分、窓の重量も増加するため、交換前に比べてサッシの動きが重たく感じられることがあります。
  4. 性能上、セキュオ30,60,90,PYの中間膜は70℃を超える場所で、またセキュオSPの中間膜は60℃を越える場所で長時間使用しますと発泡することがありますので、そのような場所でのご使用はお避けください。
  5. セキュオのガラス構成・形状により、ガラス周辺部に泡が生じることがありますので、事前に弊社支店までお問い合せください。
   
  ● 設計上のご注意
  1. 網入板ガラスで構成する場合は、使用条件によっては熱割れを生じることがありますので、事前に弊社支店までお問い合せください。
  2. セキュオはガラス構成によっては、一枚ガラスに比べて重量が増加します。ガラス重量に配慮してサッシを選択してください。(ガラスの比重:約2.5)
  3. セキュオの防犯性能を最大限に発揮させるため、窓やドアに使用する場合は四辺支持による施工をしてください。
  4. シーリング材の欠損部などから雨水が入っても、すみやかに水が抜けるように、サッシ溝には、5mmφ以上の水抜き穴を3個設けてください。
   
  ● 施工上のご注意
  1. セキュオSPの施工にあたっては、脱アルコールタイプのシリコーン系弾性シーリング材(推奨:東レSE960)、またはグレージングチャンネルをご使用ください。
  2. セキュオの中間膜が有機系の溶剤に侵される場合がありますので、施工時にはエッジ部にご注意ください。
   
  ● 使用・メンテナンス上のご注意
  1. 網入板ガラスで構成するセキュオの表面に紙などを貼ったり、冷暖房の吹き出し空気を直接当てると熱割れを起こすことがありますのでご注意ください。
   
  ● 標準施工法
  1. セキュオの中間膜は、長時間水に接していると吸湿して、白くなることがありますので、比較的水の浸入しにくいシリコーン系の弾性シーリング材による施工法をお奨めします。サッシによってグレージングチャンネルをご使用する場合には、穴あきグレージングチャンネルなど排水性を考慮したものをご使用ください。
  2. 弾性シーリング材による施工については下記の標準施工法をお守りください。

(1) バックアップ材は発泡ポリエチレン、またはクロロプレンゴムをご使用ください。
(2) セッティングブロックは、硬度80°〜90°のクロロプレンゴムで、次の寸法のものを2個ご使用ください。
 
長さ :25×Amm以上(但し、最小50mm程度)
A :ガラス面積(m2
:ガラス厚さ+5mm程度
厚さ :6〜12mm程度

    ● 施工図
    防犯ガラス セキュオ 施工図
  3. セッティングブロックやグレージングチャンネルなどは、中間膜に悪影響を与えないように、耐シリコーンタイプなど可塑剤のでない良質のものを選定してください。(セッティングブロック:推奨 EPDM耐シリコーンタイプ)
  4. クリアランス・かかりしろなどの数値は、JASS-17(日本建築学会・建築工事標準仕様書17番・ガラス工事、1997年8月10日第3版)より引用した下表の数値を最小値としてください。
   
  ●不定形シーリング材構法の納まり寸法標準
   
 

材 種
弾性シーリング材
形 態 標準的なカーテンウォール サッシ固定部 サッシ可動部





上部縦断面 標準的なカーテンウォール 上部縦断面 サッシ固定部上部縦断面 サッシ可動部 上部縦断面


左右部断面図 標準的なカーテンウォール 左右部断面図 サッシ固定部 左右部断面図 サッシ可動部 左右部断面図


下部縦断面 標準的なカーテンウォール 下部縦断面 サッシ固定部 下部縦断面 サッシ可動部 下部縦断面
寸法表現
面クリアランス
エッジ
クリア
ランスb

かかり代

面クリアランス
エッジ
クリア
ランスb

かかり代

面クリアランス
エッジ
クリア
ランスb

かかり代
ガラスの組合せ a b1 b2 b3 c a b1 b2 b3 c a b1 b2 b3 c
フロート板ガラス2.5ミリ+
フロート板ガラス2.5ミリ
7 7 6 7 10 7 6 6 7 10 7 4 4 7 10
フロート板ガラス3ミリ+
フロート板ガラス3ミリ
7 7 6 7 10 7 6 6 7 1 7 4 4 7 10
フロート板ガラス5ミリ+
フロート板ガラス5ミリ
8 10 10 8 12 8 10 10 8 12 8 8 8 8 12
フロート板ガラス2ミリ+
型板ガラス3ミリ
7 7 6 7 10 7 6 6 7 10 7 4 4 7 10
フロート板ガラス2ミリ+
型板ガラス4ミリ
7 7 6 7 10 7 6 6 7 10 7 4 4 7 10
フロート板ガラス2.5ミリ+
型板ガラス2ミリ
7 7 6 7 10 7 6 6 7 10 7 4 4 7 10
フロート板ガラス3ミリ+
型板ガラス2ミリ
7 7 6 7 10 7 6 6 7 10 7 4 4 7 10
フロート板ガラス3ミリ+
型板ガラス3ミリ
7 7 6 7 10 7 6 6 7 10 7 4 4 7 10
フロート板ガラス3ミリ+
型板ガラス4ミリ
8 8 8 8 10 8 8 8 8 10 8 6 6 8 10
フロート板ガラス2ミリ+
網入板ガラス6.8ミリ
8 9 9 8 11 8 9 9 8 11 8 7 7 8 11
フロート板ガラス3ミリ+
網入板ガラス6.8ミリ
11 12 12 10 15 11 12 9 10 15 11 12 12 10 15
フロート板ガラス5ミリ+
網入板ガラス6.8ミリ
11 12 12 10 15 11 12 12 10 15 11 12 12 10 15
フロート板ガラス3ミリ+
パイロクリア6.5ミリ
11 12 12 10 15 11 12 12 10 15 11 12 12 10 15
フロート板ガラス4ミリ+
パイロクリア6.5ミリ
11 12 12 10 15 11 12 12 10 15 11 12 12 10 15
フロート板ガラス5ミリ+
パイロクリア6.5ミリ
11 12 12 10 15 11 12 12 10 15 11 12 12 10 15
   
サイトマップこのサイトについて個人情報保護方針|©日本板硝子株式会社