防犯ガラスセキュオ
防犯について
防犯対策
防犯環境設計
開口部対策 1
開口部対策 2
窓の防犯設計
防犯ガラス 商品紹介
防犯ガラス 「セキュオ」
防犯複層ガラス
「セキュオ・ペア」
ガラスの防犯性能に
関する板硝子協会
基準(抜粋)
防犯ガラスのマークを
決定 (板硝子協会)
商品カタログ(PDF)
セキュオ取扱店一覧
   
お問い合わせ
資料請求
住まいの窓ガラス情報
サイト
ガラスワンダーランド
ガラス建築設計家への情報
サイト
アーキテクチュラルグラス
 
防犯ガラス セキュオ HOME
※番号のあるところにマウスオンしてみて下さい
※番号のあるところにマウスオンしてみて下さい
   
防犯ガラス「セキュオ」の公式サイト
防犯対策に防犯ガラスセキュオ

防犯環境設計

侵入犯罪増加のいま、防犯設計が求められています。

隣あった二軒の住宅で、一方は数回空き巣に入られているのに、もう片方の住宅は一回も狙われていない――実際、そうしたことがあります。侵入盗の多くは狙う家や周辺の下見を行い、侵入しやすいかどうかを見極めます。「人目がないか」「入りやすく逃げやすいか」「家の人は留守か」など、当然、侵入するのに難しい建物よりも侵入しやすい建物を狙います。つまり、下見の段階で侵入が難しいと思わせる設計が防犯対策の第一歩といえます。しっかりとした錠前がついているか、侵入口となる扉・窓といった開口部や外構などに防犯の意識で配慮がなされているか――こうした総合的な防犯対策の手法を「防犯環境設計」とよんでいます。いま、この「防犯環境設計」が住宅やオフィスに求められているのです。それでは狙われにくい設計とは、どのようなものなのでしょうか。
  戸建て住宅における
狙われにくい防犯配慮
集合住宅における
より一層の防犯強化対策
   
 
 
 
 
 

    「防犯住宅」は侵入盗に狙われにくいことが第一のポイントであり、そのためには「侵入しやすい」と思われないことが重要です。そしてドアは簡単に開けられないかなど、侵入盗を拒む工夫が大切になります。
※戸建て住宅のみでなく、マンション等にもあてはめて配慮してください。
 
侵入盗に対してガードをより固くするために、さまざまな機器が開発されています。侵入盗を感知するセンサーやテレビカメラ、侵入盗を撃退する威嚇機器など、より一層の防犯強化に役立つ知識をまとめました。
※マンションのみでなく、戸建て住宅等にもあてはめて配慮してください。
 
〈出典〉「防犯住宅をつくる」(創樹社)
 
   
サイトマップこのサイトについて個人情報保護方針|©日本板硝子株式会社