防犯ガラスセキュオ
防犯について
防犯対策
防犯環境設計
開口部対策 1
開口部対策 2
窓の防犯設計
防犯ガラス 商品紹介
防犯ガラス 「セキュオ」
防犯複層ガラス
「セキュオ・ペア」
ガラスの防犯性能に
関する板硝子協会
基準(抜粋)
防犯ガラスのマークを
決定 (板硝子協会)
商品カタログ(PDF)
セキュオ取扱店一覧
   
お問い合わせ
資料請求
住まいの窓ガラス情報
サイト
ガラスワンダーランド
ガラス建築設計家への情報
サイト
アーキテクチュラルグラス
 
防犯ガラス セキュオ HOME
   
防犯ガラス「セキュオ」の公式サイト
  防犯対策に防犯ガラスセキュオ
 

開口部対策 1

侵入を防ぐには、丈夫な開口部づくりが大切です。

   
  窓やドアなど開口部が弱いと破壊行為によって侵入されるおそれがあります。不法侵入の多くは窓から入られており、その強化が望まれます。
   
  戸建て住宅やマンションへの侵入の手口で一番多いのは「ガラス破り」
 
戸建て住宅の侵入盗の侵入手口で最も多いのは窓や玄関のガラスを割り、クレセント部を狙って侵入する「ガラス破り」です。平成15年の調査では「ガラス破り」が66.4%と前年に比べて5ポイントほど減少しましたが、無締まりやカギ破りなどに比べて群を抜いて多くなっています。マンションなどの共同住宅では、前年1番多かったピッキングを抜いて「ガラス破り」が最も多い侵入手口となりました。侵入盗は人目を最も嫌います。侵入を防ぐには、破壊するのに時間がかかり、大きな音の出るガラスにすることが大切です。
侵入手口

出典:警視庁生活安全総務課資料(H19年上半期)
 
事務所(雑居ビル)の主な侵入口

〈出典〉(財)都市防犯研究センター「JUSRIリポート寄稿文」から
(平成8年調査)

   
  「ガラス破り」への対策が重要です。
 
  ピッキングとよばれる特殊工具を用いた侵入手口が増える一方、「ガラス破り」による犯罪も増加傾向にあります。ガラス破りとは、窓のガラスを割り、クレセント部を狙って侵入する手口です。ドライバーを使ってガラスにヒビを入れる「こじ破り」や、バールを用いて、ガラス全体を割る「打ち破り」といった手口がとられ、最近では、より乱暴な手口による破壊行為が増えており、開口部によりいっそうの対策が求められるようになってきました。 戸建て住宅へのガラス破りの侵入口
〈出典〉「防犯住宅をつくる」(創樹社) 
   
  ■ガラス破りによる侵入手口とは
ガラス破り対策には防犯ガラスガラス破りの侵入手口は、軽量のドライバーを使ってガラスにヒビを入れ、音を出さないように破壊する「こじ破り」。破壊音をあまり気にせずに、バールなどを用いてガラスを破壊する「打ち破り」があります。最近は犯行も手荒くなっており、防犯対策の強化が求められています。
●ガラス破りの侵入手口
打ち破り 破壊音をあまり気にせずにガラスを破壊し、住人や警備員などが駆けつける前に、数分で目的を達成しようとすること。 小型道具使用(小開口)
ポケットに入れて持ち歩ける軽量のドライバーなど
住宅対象
中型道具使用(小開口)
コートの中に忍ばせたり、小型バック等に入れたりして運べる小型のバール
住宅
店鋪
事務所
対象
大型道具使用(大開口)
小型のバッグ等で運ぶことが困難な大型のバール、ハンマーなど
店鋪
事務所
対象
こじ破り ドライバーなどで音を出さないようにガラスを破壊し、まわりに気づかれないよう、密かに侵入しようとすること。 小型道具使用(小開口)
ポケットに入れて持ち歩ける軽量のドライバーなど
住宅対象
   
サイトマップこのサイトについて個人情報保護方針|©日本板硝子株式会社