防犯ガラスセキュオ
防犯について
防犯対策
防犯環境設計
開口部対策 1
開口部対策 2
窓の防犯設計
防犯ガラス 商品紹介
防犯ガラス 「セキュオ」
防犯複層ガラス
「セキュオ・ペア」
ガラスの防犯性能に
関する板硝子協会
基準(抜粋)
防犯ガラスのマークを
決定 (板硝子協会)
商品カタログ(PDF)
セキュオ取扱店一覧
   
お問い合わせ
資料請求
住まいの窓ガラス情報
サイト
ガラスワンダーランド
ガラス建築設計家への情報
サイト
アーキテクチュラルグラス
 
防犯ガラス セキュオ HOME
   
防犯ガラス「セキュオ」の公式サイト
  防犯対策に防犯ガラスセキュオ
 

窓の防犯設計

ガラスが防犯性能を左右します。

ガラスの種類と防犯特性
 
フロート板ガラス
最も一般的で、開口部に使用される頻度が高いガラス。しかし、短時間で破られ、防犯性能は期待できません。「熱線吸収板ガラス」、「熱線反射ガラス」、「装飾ガラス」も同様に期待できません。
型板ガラス
  型模様のガラスが使用され、視線を遮る機能をもったもの。防犯性能はフロート板ガラス同様、期待できません。
網入板ガラス
  火災時の延焼を防止する目的で金網を封入したガラス。しかし金網は容易に切断できるため、防犯性能はフロート板ガラスと同様、期待できません。
強化ガラス
  フロート板ガラスを加熱・急冷して製造し、強度を高めたガラス。割れにくく、万一割れた場合には、ガラス全面が粒状になるので、安全面での特長はあるものの、反面、防御力を失うため防犯性能は期待できません。
複層ガラス
  2枚のフロート板ガラスの間に中空層を設け、フロート板ガラスの約2倍の断熱性能もったもの。2枚のガラスを破るのに手間取ること、ガラス周辺がシールドされているためガラスの破片を取り除きにくくフロート板ガラスに比べると破りにくいものの、防犯性能は期待できるレベルではありません。
合わせガラス
  2枚以上のガラスを強靭な樹脂中間膜で接着して一体化したもの。割れてもガラスの破片が飛び散らず安全面に優れています。さらに中間膜を厚くしたり、破りにくいポリカーボネート板などを挟んだりすることで、防犯性能を向上させることができます。
合わせ複層ガラス
  複層ガラスの片側または両側に合わせガラスを使用したもの。断熱性能に優れているとともに、合わせガラスの中間膜を厚くしたり、破りにくいポリカーボネート板などを挟んだりすることで防犯性能をより向上させることができます。
 
フロート板ガラス 型板ガラス 編入り板ガラス 強化ガラス

複層ガラス
合わせガラス
合わせ複層ガラス

上表は、ガラスの防犯性能を相対的に示したもので、その性能を保証するものではありません。
ガラス破りに要する時間は、ガラスを破壊する人の体力、技術等によって異なります。
窓ガラスの防犯設計は、ガラス単体だけでなく、補助錠の設置やセキュリティシステムの併用などを含めた総合的な検討を行ってください。
 
窓の防犯設計にあたってのご注意
(1) 窓の防犯設計は、ガラスだけでは十分ではありません。サッシ、雨戸・シャッター、錠前、照明、セキュリティシステム等を含めて総合的な対策をご検討ください。
(2) サッシの選定については以下の点に配慮してください。
●枠材の強度 ●ガラスののみこみの深さ
(3) 窓には補助錠をつけることをお奨めします。離れた位置に2点締まり以上の補助錠をつけることがガラス破りの所要時間を延ばし防犯性能アップに有効です。
(4) 雨戸、シャッター、面格子などは防犯上の配慮がなされたものをお選びください。
(5) 各種防犯警報器具(センサー、照明等)やセキュリティシステムを併用すると一層効果的です。
   
サイトマップこのサイトについて個人情報保護方針|©日本板硝子株式会社